牛タンの特徴や美味しい理由とは?初心者によくある疑問や解決方法を紹介

牛タンを美味しく食べるための下準備とは?

せっかくこれからおいしい牛タンを食べるのであれば、十分な下準備が必要です。
実は牛タンには独特の臭みがあるため、下ごしらえの段階で臭みを薄める、味付けをして臭みを消す等の工夫が必要なのです。
下準備のポイントとしては、まず第一に血抜きが挙げられます。
血抜きと言っても必要なものはボウルと水だけです。
牛タンをボウルの中に入れたら、水を流して当てながらひたすら揉んで洗っていきましょう。
赤みが抜けきれいなピンク色になれば完了です。
そして十分な下処理も重要です。
臭いの核の部分がタン下であり、一番硬い部分とされています。
筋肉が集中する部分ですが、小さなナイフや包丁でスムーズに簡単に取り除くことができます。
最後の工程として下味をつけて行きます。
王道は塩であり、シンプルであるため素材の味を楽しむことができるでしょう。
ポリ袋にお肉と塩、酒とみりんを加えでもみこんだら、最低でも30分間、可能ならば一晩は置いておきたいところです。

牛タンを常温で放置すると食中毒のリスクが高まります

牛タンを安全に食べるためには、冷凍庫や冷蔵庫で保存するのが一番安心といえます。
しかし場合によっては、解凍するために常温に放置しているという人も多いかもしれません。
牛タンは何時間も常温に置くべきではないとされています。
その理由は食中毒菌や寄生虫などが関係しているのです。
一般的に牛タンについている食中毒菌としては、サルモネラやカンピロバクターなど様々なものがあり、一般的には肉の表面についているとされています。
その中でも牛肉に着く寄生虫は、主に消化器官ない、内臓などに付着しています。
食中毒菌や寄生虫は、お肉の鮮度にかかわらず存在しているのです。
一般的に暖かい場所となると金は増殖しやすくなり、寄生虫が活動しやすくなります。
このようなことから生の牛タンを放置するのは危険であるとわかります。
冷蔵庫か冷凍庫で保存することを心がけ、清潔な手指や調理器具を使って料理をするようにしましょう。
生肉に触れた場合には、手指や調理器具はすぐに洗います。
表面はよく加熱し、中心部分までしっかり加熱をして食べましょう。

牛タンに関する情報サイト
美味しい牛タン

当サイトでは牛タンの特徴や美味しい理由を解説しています。初心者によくある疑問や解決方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。牛のタンが他のお肉と比べて高い理由も、このサイトで触れています。なぜ高めなのかを知ればきっと納得できるはずです。また牛のタンを美味しく食べるための下準備も紹介しています。自分で調理して塩焼きやステーキ、タンシチューなどを作ってみたい場合には試してみると良いでしょう。

Search